So-net無料ブログ作成

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/2/14 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png




 月足では、直近3ヶ月間の保合いレンジ下限付近から買われ、+1σや5ヶ月MAを再び上抜けて推移しています。現状、±2σ間でのボックス相場となっています。今後、+2σをブレイクすると、走る上昇トレンド開始の形となります。

<日経225先物週足>

NKW.png




 週足では、抵抗線の+1σを若干上抜けたところから売られてハラミ足の陰線で引けました。ボリンジャーバンドは収縮を始めており、+1σを上抜けない限り、調整局面が継続です。


<ダウ月足>
DWM.png


 月足では、短期支持線の5ヶ月MA付近から買われて、+2σを上抜けて推移中。今後、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。また、+2σをブレイクして引けると、バンドウォークの走る上昇トレンド発生の形となります。
<ダウ週足>
DWW.png


 週足では、+1σをサポートに買われて高安値を切り上げる陽線で引けています。20日MAへ向けての調整局面入りは否定され、上昇トレンド再開の形です。
<ナスダック月足>
NQM.png
 月足では、前月高値や+2σを上抜けて推移中です。今後も+2σの上で推移する限り、走る上昇トレンドが継続です。中期的には+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達し、上値が重くなると利食い売りが出やすい局面入り。
<ナスダック週足>

NQW.png


 週足では、高安値を切り上げて+2σ手前まで上昇する陽線で引けました。今後も、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンド継続です。

 

 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/2/7 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png




 月足では、直近3ヶ月間の保合いレンジ下限付近から買われ、+1σや5ヶ月MAを再び上抜けて推移しています。現状、±2σ間でのボックス相場となっています。今後、+2σをブレイクすると、走る上昇トレンド開始の形となります。

<日経225先物週足>

NKW.png




 週足では、先週安値を割り込んだところから買われて、+1σ手前まで再浮上して引けました。ボリンジャーバンドは収縮を始めており、+1σを上抜けない限り、調整局面が継続です。


<ダウ月足>
DWM.png


 月足では、短期支持線の5ヶ月MA付近から買われて、+2σ付近で推移中。今後、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。
<ダウ週足>
DWW.png


 週足では、先週割り込んだ5日・10日MAや+1σを上抜けて引けています+1σを割り込んだので、上昇トレンドが終了して、20日MAへ向けての調整局面入りです。
<ナスダック月足>
NQM.png
 月足では、前月高値や+2σを上抜けて推移中です。今後も+2σの上で推移する限り、走る上昇トレンドが継続です。中期的には+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達し、上値が重くなると利食い売りが出やすい局面入り。
<ナスダック週足>

NQW.png


 週足では、先週下抜けた5週MAを上抜けて直近高値も更新して引けました。今後も、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンド継続です。

 

 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/1/31 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png




 月足では、+1σと+2σの間を上下したあと売られて、+1σや5ヶ月MAを割り込んで引けています。現状、±2σ間でのボックス相場となっています。今後、+2σをブレイクすると、走る上昇トレンド開始の形となります。

<日経225先物週足>

NKW.png




 週足では、先週、16週ぶりに支持線の+1σを割り込み、更に、今週は21週MAも割り込んで引けました。ボリンジャーバンドは収縮を始めており、調整局面入りとなっています。


<ダウ月足>
DWM.png


 月足では、一旦、+2σを上抜けた後に売られて、長い上髭の上影陰線で引けています。短期的に、日柄的な節目に到達して利食い売りが優勢になった格好。中期的には+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。
<ダウ週足>
DWW.png


 週足では、支持線の5日MAや+1σを下放れで始まり、ザラ場でも売られて支持帯下限の10日MAも割り込んで引けています+1σを割り込んだので、上昇トレンドが終了して、20日MAへ向けての調整局面入りです。
<ナスダック月足>
NQM.png
 月足では、前月高値や+2σを上抜けて推移中です。今後も+2σの上で推移する限り、走る上昇トレンドが継続です。中期的には+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達し、上値が重くなると利食い売りが出やすい局面入り。
<ナスダック週足>

NQW.png


 週足では、短期支持線の5週MAを下放れで引けました。日柄的な節目に到達し、一旦、利食い売りが優勢になった格好。今後も、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンド継続です。

 

 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ: