SSブログ

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/5/8 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png




 月足では、一旦、-2σ付近まで押し目を付けた後買われて、-1σ手前まで戻して推移中です。ボリンジャーバンドが拡大開始の兆しがあるので、今後も-1σの下で推移すると、巡航速度のダウントレンド発生となります。


<日経225先物週足>

NKW.png




 週足では、5週MAを支持線に買われて、先週高値手前まで再浮上して引けています。今後、-1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。

<ダウ月足>
DWM.png


 月足では、50ヶ月MAまで押し目を付けた後買われて、-1σ付近まで戻して推移しています。今後、-1σの下で推移する限り、巡航速度のダウントレンドが継続。これを回復すると、21月MAに向けての戻り局面入りです。
<ダウ週足>
DWW.png


 週足では、下窓を開けて始まり、押し目買いで先週レンジ中腹まで再浮上して引けています。今後、-1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
<ナスダック月足>
NQM.png
 月足では、一旦、+1σを割り込んだ後、10ヶ月MAを支持線に買われて、前月高値を上抜けて引けています。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、+1σの上で推移する限り、巡航速度の上昇トレンド発生です。
<ナスダック週足>

NQW.png


 週足では、5週MAを支持線に買われて、20週MAをブレイクして先週高値も更新する包み足で引けています。短期的にはV字反転の上昇局面。中期的には、ボリンジャーバンドが横ばいの保合い局面が継続です。

 

 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/5/1 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png




 月足では、4月は一旦、-1σ手前まで戻してハラミ足の陽線で引けました。ボリンジャーバンドが拡大を始めており、今後も-1σの下で推移すると、巡航速度のダウントレンド発生となります。


<日経225先物週足>

NKW.png




 週足では、直近高値を上抜けた後、戻り売りで先週レンジ中腹まで押し戻されて引けています。今後、-1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。

<ダウ月足>
DWM.png


 月足では、前月レンジ中腹の-1σ付近まで戻して引けています。今後、-1σの下で推移する限り、巡航速度のダウントレンドが継続。これを回復すると、21月MAに向けての戻り局面入りです。
<ダウ週足>
DWW.png


 週足では、直近高値を上抜けた後、戻り売りで先週レンジ中腹まで押し戻されて引けています。今後、-1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
<ナスダック月足>
NQM.png
 月足では、前月割り込んだ20ヶ月MAや+1σを回復して、前月レンジ高値圏まで戻して引けています。今後、±2σのいずれかをブレイクしてボリンジャーバンドが拡大を始めない限り、両指標間でのボックス相場が継続です。
<ナスダック週足>

NQW.png


 週足では、ここ2週間の抵抗線の20週MAをいったん上抜けたものの、戻り売りで同MA下まで押し戻されて引けました。ボリンジャーバンドは横ばいとなっており、方向感のない保合い局面が継続です。

 

 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2020/4/24 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png




 月足では、一旦、-2σを下抜けた後買い戻されて、これを回復して前月レンジ中腹で推移しています。終値で-2σをブレイクすると、走るダウントレンドが継続。また、前月の長い下ひげを割り込むと、大きく下げる前兆にもなります。

<日経225先物週足>

NKW.png




 週足では、先週、上抜けたー1σが支持線として機能し、引き続きこの上で下影陰線で引けました。今後、-1σを再び割り込まない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。

<ダウ月足>
DWM.png


 月足では、前月レンジ中腹の-1σ手前まで戻して推移しています。前月はー2σをブレイクして引けており、今後も同指標の下で推移する限り、走るダウントレンド継続。中期的には-1σの下で推移する限り、巡航速度のダウントレンド継続。これを回復すると、21月MAに向けての戻り局面入りです。
<ダウ週足>
DWW.png


 週足では、引き続き+1σが支持線となり、この上で下影陰線で引けました。10日MAが新たに抵抗線となっています。今後、再び-1σを下抜けない限り、21週MAに向けての戻り局面が継続です。
<ナスダック月足>
NQM.png
 月足では、前月割り込んだ20ヶ月MAや+1σを回復して、前月レンジ高値圏まで戻して推移しています。±2σのいずれかをブレイクしない限り、両指標間でのボックス相場が継続です。
<ナスダック週足>

NQW.png


 週足では、先週の抵抗線の20週MAに引き続き上値を抑えられて、ほぼ先週レンジに孕む下影陽線で引けました。再び-1σを下抜けない限り、21週MAに向けての戻り局面入りです。

 

 

このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: